MENU
少額取引の方へ
  • もし貴方の請求書が25万円以下なら…ペイトナーファクタリングがおすすめ!
  • 審査~入金まで最短10分(※業界最速)、手数料一律10%で調達額の予測を付けやすく、全ての業種で利用可能!
  • 電話やメールでのやり取り不要、ユーザーの負担が少なく、とにかく簡単に利用できるところが強み
  • 今利用しなくとも、アカウント登録は先に済ませておくといざという時にすぐにファクタリングできて便利です!

\ 審査たったの10分24時間即時出金! /

※アカウント登録無料!

【12月最新版】優良ファクタリング会社おすすめランキングはこちら!

【土日祝OK】ラボル(labol)の口コミ・評判や審査内容【ファクタリング/後払い】

labol

弊サイトには一部広告が含まれている場合がありますが、掲載情報や評価には一切影響を与えません。公平かつ中立的な立場でコンテンツを制作しております

labol(ラボル ※旧ナゲット)は東証一部上場企業の「株式会社セレス」が運営するファクタリングサービスです。

銀行融資などの資金調達が厳しいとされる個人事業主・フリーランスをメインターゲットにしているファクタリングサービスであり、小規模事業者からの評価の高く人気があります。

本記事はラボル公式に直接取材した情報やSNSでの調査を元に、特徴、口コミ・評判、審査内容、他のファクタリングとの違いやメリット・デメリットなどをまとめました。

ラボル(labol)の利用を検討している方は是非参考にしてください。

この記事の簡単なまとめ
  • labol(ラボル)は、フリーランスに特化したオンライン完結型のファクタリングサービス
  • 電話や対面での面談、決算書や契約書など用意が面倒な書類の提出が無く、利用者の負担が非常に少ない
  • 与信タスクの実施や利用実績によるが、最大で100万円程の請求書まで買取可能
  • 土日・祝日も審査・入金対応可
  • 手数料も10%固定と低く、少額取引であれば非常におすすめのファクタリングサービス
  • 審査に落ちてしまった時の為に、ペイトナーファクタリングでもアカウントを作っておくのがおススメ!

\ 土日祝でも買取OK! 24時間出金可! /

※アカウント登録無料!

フリーランス向けファクタリングのおすすめの使い方
  • フリーランス向けのファクタリング会社は「Web完結で手間がかから審査時間が短い」という特徴を持つ
  • しかし会社によって審査基準が若干異なるため、審査に落ちてしまった時にすぐ他のファクタリング会社に申請できるよう、「複数のファクタリング会社にアカウント登録しておく」といざという時に便利
  • 特にラボルとペイトナーは使用感もかなり似ているので非常におすすめ
どちらもアカウント登録しておこう!
  • ラボル
    手数料一律10%、審査最短60分
    セブン銀行なら24時間365日即時払い
    土日・祝日も審査・入金対応可
    直近の仕事の報酬金額を重視した審査
    (仕事の実績はあるが請求書の質が高くない場合オススメ)

  • ペイトナーファクタリング
    手数料一律10%、審査最短10分
    セブン銀行なら24時間365日即時払い
    請求書の取引先企業を重視した審査
    (仕事の実績はあまりないが請求書の質が高い場合オススメ)
目次

labol(ラボル)とは?どんなファクタリングサービス?

labol(ラボル)は2020年12月、GMOリサーチ株式会社が行った資金調達サービスに関するアンケートで、「使ってみたい」「信頼できる」「入金が早いと思う」「申込が簡単」これら4つの部門で第1位に輝いたファクタリングサービスです。

以前はnugget(ナゲット)というサービス名で運営されていましたが、2022年2月1日よりlabol(ラボル)というサービス名にリブランディングされました

運営する「株式会社セレス」はファクタリングの他にもポイントサイトの「モッピー」や、アルバイト求人サイト、不動産情報サイト、ブロックチェーン関連事業などを手掛けています。

セレス自体がベンチャー企業への投資に積極的なため、labol(ラボル)のファクタリングサービスも、個人事業主やフリーランスを応援するという意味合いもあります。

ここだけは押さえておきたい!labol(ラボル)の特徴

お忙しい方の為にまずは特徴を簡潔に記載します。

もし気になりましたら無料見積もりをしてみてください。

labol(ラボル)の特徴
ラボル(labol)
総合評価
( 5 )
メリット
  • Web/オンライン完結で来店不要。全国どこでも利用可能
  • 土日祝日も審査・入金対応可(セブン銀行であれば24時間365日振込可能)
  • ラボルカード払いで家賃なども最長60日後払い可能
  • 2社間ファクタリングのため取引先に連絡することがない
  • 利用実績・与信スコアの実施で最大100万円程まで買取可能
  • 個人事業主・フリーランスがメインだが法人でも利用可能
デメリット
  • 新規登録時は10~20万円が買取上限
手数料 10%
入金スピード 最短60分
オンライン対応可(オンラインのみ)
対応地域全国
対象 法人
個人事業主
フリーランス
取扱サービス 2社間ファクタリング(取引先へ通知不要)
最低買取額 1万円
最大買取額 新規登録時は10~20万円
利用実績・与信スコアの実施で最大100万円

\ 最短60分即日入金! 24時間出金可! /

※アカウント登録無料!

labol(ラボル)の口コミ・評判

実際にlabol(ラボル ※旧ナゲット)を利用した人の口コミを探してみました。

nugget(ナゲット)初めて利用してみましたが手軽で簡単でした。
これからはこのようなsaas型のファクタリングが流行りそうですね。
個人事業主は支払サイトが長い場合があるので、これからも重宝しそうです。

引用元:Twitter

個人事業主やフリーランスは請求書発行から入金までが長いパターンが多く、資金繰り悪化の原因となりがちです。

改めて、ファクタリングは健全な経営を行う上で重宝するサービスだなと実感します。

初めての利用で分からないことが多かったんですが、担当者が親切でスムーズにお手続きが進みました。不明点があっても、すぐに返答してくださいましたし、安心して利用できました。引き続き宜しくお願いいたします。

引用元: ラボル公式サイト

役者さんの口コミです。他社ファクタリングを見ても、俳優・パフォーマーさんのファクタリング実績はあまり見かけないため、非常にレアな事例です。

labol(ラボル)が柔軟な対応をしているのがわかる口コミですね。

1度他社に申込をしたところ、即答でフリーランスは扱えません。ときっぱり言われてしまい、相手にもされず資金繰りに困っておりました。ナゲットさんは売掛金請求書と取引先の審査で完了し、尚且つ入金までのスピードがとても早かったです。今後もナゲットさんとお付き合いを続けていきたいと思います。

引用元: ラボル公式サイト

カメラマンの方の口コミです。こちらの方は一度他社で断られてしまったそうですが、labol(ラボル)で無事にファクタリングを利用できることになったそうです。

スピーディーな対応も、やはり評価が高いですね。

\ フリーランスにオススメ!最短60分即日入金! /

※アカウント登録無料!

labol(ラボル)の良い評判・注目ポイント

labol(ラボル)は他のファクタリングとは違った良い評判や、お得なキャンペーンが行われています。

順番に見ていきましょう。

Web/オンライン完結で来店不要。全国どこでも利用可能

ラボルはWeb/オンライン完結型のファクタリングサービスで、来店不要で全国どこでも利用できます。

直接会う必要がないので、面談にかけるコスト(交通費、出張費)や時間を抑えることが可能です。

Web/オンライン完結型ファクタリングの特徴や詳細については下記を参照ください。

土日祝日も審査・入金対応可(セブン銀行であれば24時間365日振込可能)

ラボルはファクタリング業界では珍しく、土日祝日も審査・入金対応が可能です。さらに、ファクタリングの入金に「セブン銀行」を指定すれば、24時間365日入金も可能となります。

ラボルは入出金に使用される口座にセブン銀行を用いており、セブン銀行同士の振込は24時間365日即時反映となっていますので、ファクタリング申込時にセブン銀行を指定すれば例え土日でもすぐに資金調達が可能です。

一般的にファクタリングでの資金の受け渡しは銀行振込が主となっていて、金融機関によっては実際の着金まで数日かかってしまうパターンも少なくありません

しかしラボルは土日祝日に新規で審査に出し、土日祝日の間に着金まで可能です。これは現在のところファクタリング業界でも唯一無二の強みであり、ゴールデンウィークなど長期の休みの期間中に資金が必要になった場合はかなり頼れるサービスと言えるでしょう。

土日祝日も対応している他のファクタリング会社については下記を参照ください。

手数料10%固定で審査最速60分

ラボルの手数料は一律10%、審査も最短60分と、業界の中でもかなり安く、かつスピーディなファクタリング会社です。

一般的な2社間ファクタリングの手数料相場は10~20%と高くなりやすいので、一律10%というのは実際に手元に入る金額を計算しやすく、明瞭な料金体系と言えるでしょう。

ラボルカード払い(後払い)が便利

labol(ラボル)では「ラボルカード払い」という機能があり、あらゆる銀行振込の支払いをカード払いに切り替えることが可能です。

これにより、銀行振り込みで対応していた家賃などの費用も最長60日後まで先延ばしする事が可能になり、「今月思わぬ出費で家賃が払えない!」というようなフリーランスには緊急回避として便利な後払いサービスと言えるでしょう。

2社間ファクタリングのため取引先に連絡することがない

ファクタリングには利用者とファクタリング会社で契約を結ぶ「2社間」と、2社間に加え請求先も含めた「3社間」の方法があり、labol(ラボル)では「2社間」のファクタリングを採用しています。

2社間ファクタリングの特徴は取引先にバレるリスクが少ないため、相手にファクタリングの利用が知られると良くない影響が出てくるケースでも安心して利用できます。

ただし、取引先から入金後、labol(ラボル)への振込が遅れてしまう場合は取引先に連絡することもありますので、注意しましょう。

利用実績・与信スコアの実施で最大100万円程まで買取可能

labol(ラボル)は「与信タスク」の制度を設けており、与信タスク(アンケートの回答や追加書類の提出など)をこなすと買取上限金額が上がる仕組みとなっています。また、ラボルの利用実績によっても買取上限金額が上がります。

labol(ラボル)は利用実績・与信スコアの実施によって最高100万円程まで買取可能となりますので、継続利用するのがおすすめです。

個人事業主・フリーランスがメインだが法人でも利用可能

labol(ラボル)は個人事業主・フリーランスに特化したファクタリングですが、実は法人でも利用が可能です。

また、職種や業種の制限は特に行っていないため、業種・職種問わず利用する事ができます。

誰でも利用する事ができるので、興味があればアカウント登録しとくと良いでしょう。

\ フリーランスにオススメ!最短60分即日入金! /

※アカウント登録無料!

labol(ラボル)の悪い評判・注意点

個人事業主やフリーランスに柔軟な対応をしてくれるlabol(ラボル)ですが、悪い評判も稀に耳にします。

申し込みを行う前に、注意点の部分も把握しておきましょう。

新規登録時は10~20万円が買取上限

利用実績・与信スコアの実施で最大100万円程の請求書まで買い取ってくれるlabol(ラボル)ですが、新規登録時は10~20万円が買取上限です。

まだ1度もlabol(ラボル)を利用した事が無く、かつ20万円を超える請求書を買い取ってほしい場合はQuQuMoPAYTODAYを利用した方が良いでしょう。25万円までならペイトナーファクタリングも有効です。

labol(ラボル)と他ファクタリング会社との比較

サービス名labol
labol

ペイトナーファクタリング
PAYTODAY
PAYTODAY
フリーナンス(即日払い)フリーナンス
入金スピード最短60分最短10分最短30分最短60分
手数料 一律10% 一律10% 1~9.5% 3~10%
対象個人/法人個人/法人個人/法人個人
取扱いサービス 2社間 2社間 2社間/3社間2社間/3社間
オンライン対応
対応地域全国全国全国全国
最低買取額1万円1万円10万円~1万円
最大買取額新規登録時は10~20万円
利用実績・与信スコアの実施で最大100万円程
25万円(初回)上限なし25万円(初回)
必要書類請求書
写真付き身分証明書
取引エビデンス
請求確認メール
請求書
写真付き身分証明書
請求書
写真付き身分証①直近の確定申告書B一式
(収支内訳書 含)
②全ての事業用個人名義口座の直近6か月分以上の入出金明細
③買取を希望する請求書
④申込人の本人確認書類
(免許証、パスポートなど顔写真付きのもの)明書
取引エビデンス
請求確認メール
請求書
住所確認できるもの
請求書が送付済みであることが確認できるもの
請求書が受領済みであることが確認できるもの
銀行口座の入出金履歴3ヶ月分以上
公式サイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

抑えるべきポイントは下記の通りです。

比較ポイント

カタログスペックだけを比較するとペイトナーファクタリングかPAYTODAYでも良いのではないかと見えますが、labolへ取材させて頂いた時に「過去の収入や職業形態にとらわれず、直近の仕事の報酬金額を審査の物差しにしている」とおっしゃられており、請求書の内容重視のペイトナーファクタリングやPAYTODAYより、状況によっては審査が通りやすい可能性があります。

(※請求先の企業があまり信用度の高くない会社でも直近の利用者の報酬金額が良ければ審査に通る可能性が高い)

反対に、直近の報酬金額が低くても請求書の内容重視のペイトナーファクタリングやPAYTODAYなら審査に通る可能性があります。

審査基準が違うので、どちらも臨機応変に使い分けるのが一番賢い使い方であり、審査に落ちてしまった場合はすぐに他のファクタリング会社へ依頼できるようにどのファクタリング会社もアカウントを所持しておくことをお勧めします。

少なくともラボルを利用する場合は使い勝手がかなり似ているペイトナーのアカウント登録も行っておいた方が安心です。

labol(ラボル)の利用手順と審査内容

labol(ラボル)の利用手順と審査内容についてみていきましょう。

labol(ラボル)の利用手順

labolはオンラインでのお手続きのみとなっていますので、labol公式サイトにアクセスし申し込みをします。

STEP
会員登録

まずは下記の赤いボタンからlabolに会員登録をします。

\ラボル無料査定してもらおう!/

入会金や月額利用料などは一切かからず、登録無料で利用することができます。

氏名・住所・メールアドレス・入金希望先の銀行口座などの情報を登録します。

運転免許証やマイナンバーカードなどの顔写真付き身分証明書もお手元に用意しておきましょう。

STEP
請求書のアップロード

会員登録ができたら、買い取ってもらいたい発行済み請求書のアップロードを行います。

請求書には以下の内容が記載されているか、チェックしましょう。

  • 請求金額(税込)
  • 源泉徴収税
  • 請求日
  • 振込期限
  • 請求先会社名
  • 請求先担当者
  • 振込口座
  • 請求先会社の住所
  • 名前/屋号がある場合は表記
  • 登録している住所
  • 捺印

太字の部分は必須項目となります。

STEP
エビデンスアップロード

取引エビデンスとは実際に請求書の業務が行われた際に、取引先と交わされたメール連絡や、請求内容の確認メールのことです。

また、以下の書類も提出すると審査通過率がUPします。

  • 取引先からの過去に入金履歴
  • 押印済みの発注書や契約書
  • 通帳のコピー
  • その他取引を証明するエビデンス

これらを申込み前にあらかじめ揃えておくと、手続きにスムーズが進むでしょう。

STEP
審査

labolでは最短60分で審査が完了します。

審査結果は登録したメールアドレスに届きます。

STEP
振込完了

登録口座に買取金額が支払われます。

金融機関や申込日時によって着金は異なりますが、セブン銀行の口座を指定していると最速で着金となります。

【取材調査】ラボルの審査で重視する事と審査落ちした時の対処法

labolインタビュー1

一般的に、フリーランス向けオンラインファクタリングの審査では下記が非常に重要になります。

フリーランス向けオンラインファクタリングの審査の共通ポイント
  • 信用度の高い法人への請求書で申請する
  • 書類や入力事項の不備をなくす
  • 求められた対応にきちんと対応する(追加書類・質問返答等)
  • 利用者の信用を上げる(アンケートへの回答する、支払期日を守る等)

また、ラボルの審査について、以前直接ラボル公式にインタビューさせて頂いたことがあり、その際に審査について下記のように回答頂いています。

ラボルの審査のポイント
  • ラボルでは、過去の収入や職業形態ではなく、直近の仕事の報酬金額を審査の物差しとしている
  • 契約書やメール、チャットなどやり取りを文面に残している場合は、その提出で審査の通過率が大きく上がる

したがって、ラボルの審査に落ちてしまった場合は、直近の収入は変える事ができないので、契約書やメール、チャットなどのやり取り等、実際に取引があり、将来的に報酬が振り込まれるというエビデンス」を見せる事が非常に重要です。

また、冒頭でも軽く触れましたが、ペイトナーファクタリングが非常にラボルと似たような使用感で利用する事が可能ですので、ラボルで審査に落ちてしまった場合はペイトナーを使うという方法も選択肢の1つとして持っておくと良いでしょう。

labol(ラボル)はこんな人におすすめ!

labol(ラボル)は下記のような方におすすめです。

  • 個人事業主
  • フリーランス
  • 土日祝日に資金調達が必要になった方
  • 地方在住の方

反対に、直接会ってやり取りしたい人や、100万円を超える買取を希望する方には不向きです。

labol(ラボル)の運営母体がベンチャー企業への投資を行っているため、個人事業主やフリーランスには柔軟に対応してくれると評判です。

申し込みはすべてオンラインで完結するため、地方在住の個人事業主やフリーランスにもおすすめです。

最近はリモートワークの拡大で地方に移住する方が増えていますが、そのような方でも問題なくlabolのファクタリングを利用できます。

labol(ラボル)のファクタリングを利用したいと思っている人の参考になれば幸いです。

\ フリーランスにオススメ!最短60分即日入金! /

※アカウント登録&見積り無料!

企業情報詳細

会社名株式会社ラボル labol inc
設立日2021年12月1日
資本金5,000万円(2022年1月末現在)
代表者代表取締役CEO 吉田 教充
所在地〒158-0097
東京都世田谷区用賀4-10-1 世田谷ビジネススクエアタワー
業務内容ファクタリング事業・メディア事業
親会社株式会社セレス(東証プライム上場・100%資本)

当サイトで紹介するファクタリング会社は入念に調査したうえでおすすめしておりますが、時差による変更点、間違い等ある可能性はゼロではありませんので、可能な限り複数社に相見積もりし、比較して一番コストパフォーマンスの優れているファクタリング会社を選ぶようにしてください。それが一番安全なファクタリングの利用方法です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ファクタリング会社での勤務経験を持つライターが、公式HP、直接取材、金融庁、法務省のHP等信頼できる情報ソースを元に、資金調達に強い宮城彩奈行政書士(行政書士さい事務所)の監修を受けた上で分かりやすく執筆しています。

助成金・補助金などの資金調達をご希望の方は行政書士さい事務所へお問い合わせください。

目次