MENU
少額取引の方へ
  • もし貴方の請求書が25万円以下なら…ペイトナーファクタリングがおすすめ!
  • 審査~入金まで最短10分(※業界最速)、手数料一律10%で調達額の予測を付けやすく、全ての業種で利用可能!
  • 電話やメールでのやり取り不要、ユーザーの負担が少なく、とにかく簡単に利用できるところが強み
  • 今利用しなくとも、アカウント登録は先に済ませておくといざという時にすぐにファクタリングできて便利です!

\ 審査たったの10分24時間即時出金! /

※アカウント登録無料!

【12月最新版】優良ファクタリング会社おすすめランキングはこちら!

【2023年12月版】ニーズ別おすすめ優良ファクタリング会社比較ランキング

ファクタリングランキング

弊サイトには一部広告が含まれている場合がありますが、掲載情報や評価には一切影響を与えません。公平かつ中立的な立場でコンテンツを制作しております

  • ファクタリング会社多すぎてどこを選べば良いかわからない…
  • 自分の資金繰り状況や職業にあったファクタリング会社を知りたい!
  • ファクタリング会社の審査に落ちてしまったけど、他に良いところはある?
  • おすすめのファクタリング会社を知りたい!

本記事はこんな悩みを解決する記事となっています。

ファクタリング会社は数多く存在しますが、それぞれに得意な業界や得意な取引規模に違いがあり、最適なファクタリング業者を見つけるのは簡単ではありません。

そこで、本記事ではニーズ別におすすめのファクタリング会社をランキング形式でご紹介します。更にファクタリングの種類やメリット・デメリット、疑問点、選ぶ際の大事なポイントもしっかりご説明します。

この記事を読めばあなたにぴったりのファクタリング会社がわかるでしょう。

いくつか気になったところがありましたら、ぜひ問い合わせてみてください。

※忙しい方は下のおすすめTOP3のファクタリング会社への相見積もりをおすすめします。

おすすめファクタリング会社TOP3

スクロールできます
順位社名特徴スピード手数料
1位
1位
ベストファクター
ベストファクター
審査通過率92.25%

即日振込実行率61.5%

オンライン完結で全国対応

無料の財務コンサルティングサービス付き
税金の滞納・赤字決算・債務超過でも利用可
個人事業主・フリーランス可
最短1時間2~20%

2位
QuQuMoオンライン
QuQuMo Online
入金まで最短2時間。見積りは30分

必要書類は請求書と通帳の2点のみ

来店不要。オンライン完結で全国対応

個人事業主・フリーランス可
最短2時間1~14.5%
3位
3位
PAYTODAY(ペイトゥデイ)
PAYTODAY
AI審査で来店不要・オンライン完結で全国対応

スタートアップ等の特殊な決算書にも対応

手数料に上限があり、一桁台の手数料を保証

個人事業主・フリーランス可
必須ではないが必要書類多め・審査厳しめ
最短30分1~上限9.5%
おすすめファクタリング会社TOP3


上記3社は法人も個人事業主の方も利用でき、入金までの対応も早い優良ファクタリング会社です。違いを一言で説明すると下記のようになります。

  • ベストファクターは審査通過率、即日振込実行率が高い
  • QuQuMo Onlineは必要書類が少なく使いやすい
  • PAYTODAYは若干審査が厳しめだが手数料が低い

手間はかかりますができれば3社にそれぞれ見積もりを依頼し、料金等を比較して選ぶと間違いがなく安心です。

※表の中のサービス名称をクリックすると、ファクタリング会社の公式サイトへ移動します。本記事内で各社の解説内容を確認したい方は、ページ下部のおすすめランキングTOP10を参照してください。

目次

【比較の前に】ファクタリングとは

ファクタリングとは、ビジネスにおける金融サービスの一つで、企業が自社の請求書(売掛債権=代金を後払いで受け取る権利 )を第三者のファクタリング会社に売却し、その代金を即時に受け取ることができるという比較的新しい資金調達サービスです。

ファクタリングを行う事により、請求書の支払期日より前にまとまった現金を受け取ることができる為、融資では間に合わない急な資金需要が発生した場合など大変便利な資金調達手段です。

ファクタリングには下記のような特徴があります。

  • 資金調達スピードが早い(即日~遅くとも数日で調達可能)
  • 担保・保証人が要らない
  • 赤字や債務超過の企業でも利用可(自社の信用力よりも売掛先の信用力が重視されるため、財務状況に問題がある企業でも利用できる)

ただし、その分手数料は融資と比べ高くなる傾向にあるので、銀行融資と同じ感覚で使うのではなく、短期間のつなぎ融資(ブリッジファイナンス)のようなイメージで利用するのがおすすめです。

ニーズ別のおすすめファクタリング会社ランキングTOP3

ファクタリング会社と一言で言っても様々なタイプがあり、ファクタリング会社によって強いジャンルが異なります

そこで、用途別におすすめのファクタリング会社をランキング形式で3位まで紹介します。是非参考にしてください。

Web完結/入金スピードが早いファクタリング会社ランキング

スクロールできます
順位社名特徴スピード手数料
1位
1位
ベストファクター
ベストファクター
審査通過率92.25%

即日振込実行率61.5%

オンライン完結で全国対応

無料の財務コンサルティングサービス付き
税金の滞納・赤字決算・債務超過でも利用可
個人事業主・フリーランス可
最短1時間2~20%

2位
QuQuMoオンライン
QuQuMo Online
入金まで最短2時間。見積りは30分

必要書類は請求書と通帳の2点のみ

来店不要。オンライン完結で全国対応

個人事業主・フリーランス可
最短2時間1~14.5%
3位
3位
PAYTODAY(ペイトゥデイ)
PAYTODAY
AI審査で来店不要・オンライン完結で全国対応

スタートアップ等の特殊な決算書にも対応

手数料に上限があり、一桁台の手数料を保証

個人事業主・フリーランス可
必須ではないが必要書類多め・審査厳しめ
最短30分1~上限9.5%
Web完結/入金スピードが早いファクタリング会社TOP3

ファクタリングの特徴は他の資金調達と比べて調達までのスピードが早い事ですが、その中でも特にWeb完結可能なファクタリング会社の場合は店舗へ出向く必要がなくなる為、より早い資金調達が可能になります。

特に上記3社はWeb完結で使い勝手が良く、資金調達スピードが早いです。単純なスピード感ではPAYTODAYが一番ですが、審査に落ちてしまう(時間が無駄になる)ケースや必要書類を準備する手間を考慮して評価しました。

  • なるべく審査に落ちたくない方や無料の財務コンサルを受けたい方はベストファクター
  • 必要書類の少なさ等の簡便性も重視するならQuQuMo Online
  • 必要書類や審査通過率等を加味しないでとにかく資金調達スピードと手数料の安さを最重要視するならPAYTODAY

といったところでしょう。

なお、ペイトナーファクタリングは資金調達スピードが最短10分と異次元の早さですが、基本的に少額取引に特化したファクタリングサービスであり、万人受けするファクタリングサービスではない為ランキングからは外させて頂きました。反対に少額取引であれば非常におすすめです。(※ペイトナーの初回取引額上限は25万円)

手数料が安いファクタリング会社ランキング

次は手数料の安いファクタリング会社ランキングです。

ファクタリングは大きく「2社間」と「3社間」に分けられ、基本的に債権未回収リスクが少なくなる3社間ファクタリングの方が手数料が安くなります。

しかし「3社間」は売掛先への通知が必須となり、ファクタリング会社へは売掛先が入金をする流れとなります。また、基本的に法人しか利用できませんので注意が必要です。

「2社間」と「3社間」のそれぞれの相場は下記の通りです。

2社間ファクタリング12~20%
3社間ファクタリング5~10%

手数料の安い2社間ファクタリング会社ランキング

スクロールできます
順位社名特徴スピード手数料
1位
1位
PAYTODAY(ペイトゥデイ)
PAYTODAY
AI審査で来店不要・オンライン完結で全国対応

スタートアップ等の特殊な決算書にも対応

手数料に上限があり、一桁台の手数料を保証

個人事業主・フリーランス可
必須ではないが必要書類多め
最短30分1~上限9.5%

2位
株式会社JPS
JPS
来店不要・オンライン完結で全国対応
注文書でもファクタリング可能

他社からの乗り換え・平行利用OK
最短即日5~10%
3位
3位
QuQuMoオンライン
QuQuMo Online
入金まで最短2時間。見積りは30分

必要書類は請求書と通帳の2点のみ

来店不要。オンライン完結で全国対応

個人事業主・フリーランス可
最短2時間1~14.5%
手数料の安い2社間ファクタリング会社TOP3

まずは手数料の安い2社間ファクタリング会社TOP3をご紹介します。手数料の安いファクタリング会社を探すコツとしては、下限の手数料パーセンテージではなく、上限の手数料パーセンテージを確認する事が重要です。よくある表記として「手数料1%~」というようにWebサイトに記載しているファクタリング会社は多いですが、この場合上限のパーセンテージが分からない為、実際には何の参考にもなりません。

この中でもPAYTODAYはハッキリと「上限9.5%」「一桁台の手数料を保証」と明言しており、手数料を低く抑えたいのであればPAYTODAYへの見積りは必須です。審査はやや厳しめですが、通りさえすれば相場以下の手数料が確定します。

手数料の安い3社間ファクタリング会社ランキング

スクロールできます
順位社名特徴スピード手数料
1位
1位
ベストファクター
ベストファクター
審査通過率92.25%

無料の財務コンサルティングサービス付き
税金の滞納・赤字決算・債務超過でも利用可
3社間は不明1~5%

2位

株式会社JPS
JPS
注文書でもファクタリング可能

他社からの乗り換え・平行利用OK
3社間は不明2~8%
3位
3位

Next one
審査通過率96%

1億円を超える取引にも対応
3社間は不明1~8.5%
手数料の安い3社間ファクタリング会社TOP3

次に手数料の安い3社間ファクタリング会社TOP3をご紹介します。3社間ファクタリングは基本的にオンライン上では難しく、対面での契約になると思って差し替えありません。また、入金スピードも遅くなる傾向があり、通常1~2週間かかってしまいます。

この特性上、多くのファクタリング会社で一般公開されている情報は2社間を前提にしている事が多いので、3社間ファクタリングを行いたい場合はまずは問い合わせして詳しく聞いてみる事をおすすめします。

審査通過率が高いファクタリング会社ランキング

スクロールできます
順位社名特徴スピード手数料
1位
1位
ビートレーディング
ビートレーディング
ファクタリング業界大手。実績多数

審査通過率98%

オンライン完結で全国対応

注文書・発注書でもファクタリング可
最短2時間2%~

2位
ベストファクター
ベストファクター
審査通過率92.25%

即日振込実行率61.5%

オンライン完結で全国対応

無料の財務コンサルティングサービス付き
税金の滞納・赤字決算・債務超過でも利用可
最短1時間2~20%
3位
3位
アクセルファクター
アクセルファクター
審査通過率93%

即日振込実行率50%以上・遅くとも翌日には振込

来店不要。オンライン完結
最短3時間2%~

ファクタリングの利用には審査が必要になります。審査の対象は主に売掛先の信用力となりますが、その他にも売掛先との取引履歴や、申込者自身の信用度も関わってきます。

上記3社は審査通過率を開示しており、かつ90%以上の審査通過率を誇るファクタリング会社です。特にビートレーディングは審査通過率98%とほとんど審査に受かると言っても過言ではなく、リスクのある債権でも前向きに買取を検討してくれます。ただし未回収リスクが高ければ高いほどファクタリングの手数料は高くなりますので、その点には注意しましょう。

「どうしても資金が必要」という場合は、この3社に相見積もりを依頼しましょう。よっぽどリスクのある請求書でない限りファクタリングできると思って頂いて大丈夫です。

個人事業主・フリーランスにおすすめのファクタリング会社ランキング

ファクタリング会社によっては個人事業主・フリーランスは対応外となっているところも多いです。

また、一言で個人事業主と言っても建設業の一人親方なのか、フリーランスエンジニアなのかでもおすすめできるファクタリング会社は異なってきます。そこで、大きくWeb系と非Web系で分けておすすめTOP3をランキング形式でご紹介します。

Web系/エンジニア系フリーランス向けのファクタリング会社ランキング

スクロールできます
順位社名特徴スピード手数料
1位
1位
ペイトナー
ペイトナー
入金スピードが圧倒的
来店・面談・電話不要

オンライン完結で全国対応
365日24時間即時出金可
最短10分一律10%

2位
ラボル
ラボル(labol)
土日祝日も営業

来店・面談・電話不要

オンライン完結で全国対応
365日24時間即時出金可能
最短60分一律10%
3位
3位
フリーナンス
フリーナンス
損害賠償保険に無料で加入できる

来店・面談・電話不要

オンライン完結で全国対応
最短即日3~10%

主にオンラインで活動しているフリーランスには、フリーランスに特化した上記3社が最もおススメです。

大きく分けるとこのような特徴があり、いざという時に審査落ちしても速やかに他のファクタリング会社に依頼できるよう、サブアカウントとして上記3社は全てアカウント登録する事をおすすめします。

また、PAYTODAYもWeb系/エンジニア系フリーランスには強く、上記3社の上限を超えた金額を依頼する場合はPAYTODAYに依頼をすると良いでしょう。

個人事業主(建設運送業等の非Web系)向けファクタリング会社ランキング

スクロールできます
順位社名特徴スピード手数料
1位
1位
ビートレーディング
ビートレーディング
ファクタリング業界大手。実績多数

審査通過率98%

オンライン完結で全国対応

注文書・発注書でもファクタリング可
最短2時間2%~

2位
ベストファクター
ベストファクター
審査通過率92.25%

即日振込実行率61.5%

オンライン完結で全国対応

無料の財務コンサルティングサービス付き
税金の滞納・赤字決算・債務超過でも利用可
最短1時間2~20%
3位
3位
アクセルファクター
アクセルファクター
審査通過率93%

即日振込実行率50%以上・遅くとも翌日には振込

来店不要。オンライン完結
最短3時間2%~

一人親方など、非Web系の個人事業主は上記3社のファクタリング会社をおすすめします。

特に建設業はファクタリング利用率が高く、個人事業主OKのファクタリング会社であれば全く問題なく利用可能です。

特に上記3社は建設業との取引が多く、業界に精通しており柔軟な審査をしてもらえます。

注文書ファクタリングで選ぶ

スクロールできます
順位社名特徴スピード手数料
1位
1位
ビートレーディング
ビートレーディング
ファクタリング業界大手。実績多数

審査通過率98%

オンライン完結で全国対応

注文書・発注書でもファクタリング可
最短2営業日2%~

2位
株式会社JPS
JPS
オンライン完結で全国対応
他社からの乗り換え・平行利用OK
最短即日5~10%
3位
3位
ファクタリングのトライ
ファクタリングのTRY
24時間365日対応可

他社からの乗り換えで手数料3%割引

コンサルティングやマッチングサービスもあり
最短即日5%~

注文書(発注書)ファクタリングとは、商品やサービスの受注後に受け取る将来債権を買い取ってもらい資金調達するサービスです。

従来のファクタリングよりもっと早い段階で資金調達が可能な為、案件前に着手金として利用する事ができます。

非常に便利な反面、ファクタリング会社にとっては回収リスクが大きくなり、手数料が高くなったり、審査落ちする可能性が高くなる傾向があります。したがって業界大手でリスク許容度が高く審査通過率も高いビートレーディングを1位に、手数料上限目安を10%と記載しているJPSを2位にランクインさせて頂きました。

注文書で土日祝日/24時間即時入金を希望される方はファクタリングのTRYを利用すると良いでしょう。

土日祝日/24時間営業で選ぶ

スクロールできます
順位社名特徴スピード手数料
1位
1位
ファクタリングのトライ
ファクタリングのTRY
24時間365日対応可

他社からの乗り換えで手数料3%割引

注文書・発注書でもファクタリング可

コンサルティングやマッチングサービスもあり
最短即日5%~

2位
ラボル
ラボル(labol)
フリーランスに強い(法人でも利用可能)

365日24時間即時出金可能

来店・面談・電話不要

オンライン完結で全国対応
最短60分一律10%
3位
3位
えんナビ
えんナビ
24時間365日電話相談可
税金の滞納・赤字決算・債務超過でも利用可
最短即日5%~

ファクタリング会社は土日祝日や深夜は基本的に営業しておりませんが、一部のファクタリング会社は対応しています。

ラボルは審査時間も短く面談も無い為非常にスピーディにファクタリングが可能なのですが、フリーランスに特化したファクタリングサービスの為、少額取引がメインになってきます。(※初回取引の上限金額は10万円)

24時間365日電話相談可能なファクタリング会社はファクタリングのTRYとえんナビになり、土日祝日や深夜に一度話を聞いてみたいという方は相談してみると良いでしょう。

ファクタリング会社を比較する上で大事なポイント

ファクタリング会社を比較する上で大事なポイントは5つです。

  • 手数料
  • 入金スピード(オンライン完結できるか)
  • 審査通過率
  • 債権買取可能額
  • フリーランス・個人事業主でも利用できるか

次でくわしく見ていきましょう。

手数料

ファクタリングを利用する上で非常に大事なのが手数料です。

手数料はファクタリング会社によってさまざまで、公式サイトから確認できるパターンは3つに分かれます。

  1. 手数料下限だけでなく手数料上限が公式Webサイトに記載されている会社
  2. 手数料下限だけ公式Webサイト記載されている会社
  3. 手数料詳細が公式Webサイトに記載されていない会社

ファクタリング会社をよく比較してみると、実は手数料の上限が記載されていないところも多く存在します。

そのため、手数料重視でファクタリング会社を選ぶ時は、手数料の上限をチェックすることが大事です。

例として、「手数料1%〜」のように公式サイト上で手数料下限は強調されているが上限が不明な場合は注意が必要です。

理由は、一般的に3社間のほうが手数料が低く、2社間、3社間と両方のファクタリングを扱うところでは手数料下限が3社間も含んでいることがあるからです。

低い手数料を強調することで、利用者を増やしたいといった思惑があるためです。

ちなみにファクタリングにおいて手数料2%前後ですと、3社間では現実的な数値ですが、2社間ではほとんどないと言ってもいいでしょう。

また、低い手数料が必ずしも良いファクタリング会社というわけでもありません。

融資でもそうですが、手数料が低いところは審査が厳しめ、入金スピードが遅めと、ネガティブ要素があることも考慮する必要があります。

とはいえ、手数料上限を公開しているところが無条件で優良なファクタリングというわけでもありません。手数料が低いと審査が厳しい反面、手数料を公開していたり、幅が広いファクタリング会社では、リスクが高めの売掛債権でも買い取ってくれる可能性があるとも言えるのです。

入金スピード(オンライン完結できるか)

ファクタリングのメリットはビジネスローンや公的融資よりも資金調達が早いことです。

公式サイトにも最短入金日を表記しているファクタリング会社が多いのも特徴です。

しかし、これはあくまでも「最短」の時間であって、各ファクタリング会社の実際の平均入金スピードはそれよりも時間がかかることがあるからです。

売却する売掛債権や審査状況により入金スピードは変わるため、一概には言えませんが、入金スピードを重視するのであれば下記をチェックしましょう。

  1. 2社間ファクタリングに対応しているか
  2. オンラインでやり取りが完結できるか
  3. 公式サイトに即日振込率を記載しているか
  4. 審査通過率を記載しているか

現在では多くのファクタリング会社がオンラインでやりとりが完結できます。これにより、従来では来社でファクタリングの手続きを行なっていましたが、グッと簡素化されたといってもいいでしょう。

公式の発表による「即日振込率」は良い判断材料です。比較する時は合わせてチェックしておきましょう。

審査通過率

ファクタリングの利用には審査があります。急ぎで資金調達をしたいのであれば、審査通過率が高いところに申し込むようにしましょう。

筆者は過去にファクタリングの見積りを依頼し、「信用度の高い会社への請求書だし、審査はまぁ大丈夫だろう」と悠長に考えていたのですが、審査に落ちてしまって再度ファクタリング会社を探した苦い経験があります。

ファクタリング会社を探す手間や、再度審査結果を待つ時間など、大幅に時間がかかってしまうのはなるべく避けたいところ。

なるべくスムーズに資金調達するためにも、急ぎの場合は複数社に見積もりを依頼し、審査に落ちることも考えたうえで、1〜2社は審査通過率の高いファクタリング会社を選ぶことを強くお勧めします。

債権買取可能額

ファクタリング会社によって売掛債権を買取できる範囲はかなり差があります。

最大買取額が大きければ大きいほど良いというわけではなく、「自社にあった請求書の金額を取り扱っているか?」が選ぶ際のポイントとなります。

仮に最大1億円まで買い取ってくれるファクタリング会社があったとしても、毎回取引額が50万円程度であれば、そこまで重要視する必要はありません。最低買取額をチェックすると良いでしょう。理由としては最低買取額が「30万円〜」となっているところが多いからです。

30万円未満の請求書を買い取ってもらいたい場合は、より少額の債権を買取してくれる業者を選ぶことが必須です。

フリーランス・個人事業主でも利用できるか

最近では脱サラして開業したり、働き方改革の推進で副業が解禁され、会社員のかたわらフリーランスする人も増えてきました。

以前はファクタリング会社も法人のみしか取り扱わないところが多かったのですが、時代のニーズに合わせて個人事業主・フリーランスもOKとするところは増えてきました。

ただし、利用者自身が個人事業主・フリーランス歓迎のファクタリング会社を選ぶことは問題ないのですが、請求書の発行元が「法人のみ」しか買い取ってくれないところも存在しています。この点は注意しておきましょう。

ファクタリング会社個別紹介

PAYTODAY(ペイトゥデイ)

PAYTODAY(ペイトゥデイ)の特徴
  • AI審査で最短45分!即日振込
  • 手数料1%~9.5%
  • 最大90日後の債権まで買取可能
  • 来店不要。オンライン完結

PAYTODAYはAI審査を用いたファクタリング会社で、これまでのファクタリングよりもスピード重視で対応してくれるのが特徴です。

AI審査を用いることにより、入金スピードの速さ、手数料の低さを実現し、幅広い業種で利用することが可能。申し込みから振込までは最短30分と群を抜いた速さです。

手数料の上限値が設定されているのもポイントで、PAYTODAYは9.5%が手数料の上限です。この手数料は他社で扱っている2社間ファクタリングの中でも激安と言えます。

公式サイトでは5,000万円までの請求書が買取可能としていますが、内容によってはもっと大きな金額でも相談可能とのことです。

ひとつデメリットを挙げるとすれば審査通過率を開示していないことです。

申し込み数に対してどのくらい審査が通っているか明確ではありませんが、手数料の低さや審査スピードの早さなど、審査に通れば非常に使いやすいファクタリングだと思っていただいても差し支えありません。おすすめのファクタリング会社です。

\ AI審査で圧倒的な早さと安さ!登録&審査無料! /

(※見積り結果に満足いかなければキャンセルOK)

ベストファクター

ベストファクター
ベストファクターの特徴
  • 審査通過率92.25%
  • 即日振込実行率77.8%
  • 入金まで最短1時間
  • 来店不要。オンライン完結
  • 2%~20%

ベストファクターは審査通過率、即日振込実行率が高い水準を誇っているファクタリングです。

手数料が2%〜20%と広く、とくに2社間を利用する場合は高い手数料を提示される可能性があります。

とはいえ急ぎの資金調達ではベストファクターの審査通過率や即日振込実行率の高さは非常に心強いと言えます。相見積もりの1社に加えたいファクタリング会社と言えるでしょう。

圧倒的な審査通過率と即日振込率で安心!まずは無料見積もり!

(※見積り結果に満足いかなければキャンセルOK)

審査通過率の高いファクタリング会社は下記でも紹介してますので、興味ある方はこちらもご確認ください。

ビートレーディング

ビートレーディング
ビートレーディングの特徴
  • 審査通過率98%!
  • 簡単なヒアリングで審査回答平均30分以内!
  • 来店不要。オンライン完結
  • 税金の滞納があっても利用可
  • 赤字決算や債務超過でも利用可

ビートレーディングは2012年に創業して以降、右肩上がりに成長し続けているファクタリング会社です。

申し込み後、請求書と通帳のコピー(表紙付き2ヶ月分)をアップロードすれば審査結果が最短30分で完了。業界でも最速クラスの審査です。

請求書より早く資金調達ができる「注文書ファクタリング」も取り扱うことから、さまざまな業種のニーズに合わせたファクタリングを行なっています。

「オンラインでは不安が残る…」という人でも全国に4ヶ所、東京、仙台、大阪、福岡に拠点があるため、対面での契約も可能です。

\ 信頼と実績の国内最大手! /

(※見積り結果に満足いかなければキャンセルOK)

アクセルファクター

アクセルファクター
アクセルファクターの特徴
  • 入金まで最短1時間
  • 売掛金買取率93%
  • TAM資格保有者在籍
  • 手数料2%~
  • 来店不要。オンライン完結
  • 必要書類が少ない
  • 少額取引OK

アクセルファクターは即日入金・審査通過率93%がウリのファクタリング会社です。

とくに入金に関しては最短1時間、申し込みした人の2人に1人が即日振込をされているとのことで対応の早さには定評があります。

即日振込をされなかった場合でも、遅くとも翌日には振込が完了するため、一連の流れにおいて信頼感があります。

さらに、アクセルファクターにはターンアラウンドマネージャー(TAM:事業再生・企業債権のスペシャリスト)の資格保有者が在籍しています。

今後の経営についての相談など、サポート面でも非常に頼りになると言えるでしょう。

手数料の上限値が記載されていないところがデメリットではありますが、不安であれば他社と相見積もりすることをおすすめします。

圧倒的な審査通過率とスピード!見積り無料!

(※見積り結果に満足いかなければキャンセルOK)

ネクストワン(Next one)

ネクストワン
ネクストワンの特徴
  • 3社間手数料:1.5%~8%
  • 2社間手数料:5%~10%
  • 2社間、3社間どちらにも対応可
  • 来店不要・オンライン完結
  • 法人のみ対応

ネクストワンは2社間、3社間に対応していますが、いずれも手数料の上限値が設定されているため、安心して申し込みができるファクタリング会社です。

公式サイトでは「資金調達の成功率96%」と高い水準を誇っています。

また、ネクストワンは手数料が平均10%ほど低くなる乗り換えキャンペーンを行っているため、現在他社利用中の方の見積もりにもおすすめです。

\ 1分で簡単無料見積もり! 手数料上限ありで安心!/

※見積り結果に満足いかなければキャンセルOK

QuQuMo online(ククモオンライン)

QuQuMO Online
QuQuMo online(ククモオンライン)の特徴
  • 手数料1%~14.8%
  • 入金まで最短2時間!見積りは30分
  • 必要書類は請求書と通帳の2点のみ
  • 来店不要。オンライン完結

QuQuMo online(ククモオンライン)は面談などなしですべてオンラインで契約ができるファクタリング会社です。必要書類も請求書と通帳の2点のみで手続きがスムーズに行えます。

請求書の買取金額は上限が設定されていないため、より幅広い業種で利用可能です。

見積もりが30分で取得できるのも強みなので、迷ったら気軽に見積もりをしてみると良いでしょう。

QuQuMo online(ククモオンライン)はオンライン完結型のファクタリングサービスで、現金

\ 必要書類が少なくて楽!30分で無料見積もり!/

(※見積り結果に満足いかなければキャンセルOK)

えんナビ

えんナビ の特徴
  • 24時間365日電話相談可
  • 最短1日で現金化
  • 手数料5%~

えんナビは24時間365日の対応が強みのファクタリング会社です。査定はもちろん、電話相談も年中無休で受け付けています。

債権買取額は50万円〜、手数料も2.5%と低く提示されていますが、上限が設定されていないため他社ファクタリングと相見積もりの上で申し込みをすることをおすすめします。

\ 24時間365日相談可能!まずは無料見積もり!/

※見積り結果に満足いかなければキャンセルOK

ファクタリングのTRY

ファクタリングのTRYの特徴
  • 24時間365日電話相談可
  • 他社からの乗り換えで手数料5%割引
  • LINEでも問い合わせ可
  • 最短即日
  • 手数料5%~

ファクタリングのTRYも上記のえんナビと同じく24時間365日電話相談可能なファクタリングです。えんナビとの比較ポイントは、ファクタリングTRYではLINEでの問い合わせも受け付けている点です。電話になかなか出られない人にはおすすめです。

他社からの乗り換えもあり、手数料が5%優遇されます。

さらに、アフターフォローでコンサルティングやBtoBでのマッチングサービスも行っていて、長期的なパートナーとしても非常に心強いファクタリング会社です。

24時間365日相談可能!まずは無料見積もり!

※見積り結果に満足いかなければキャンセルOK

ペイトナーファクタリング

ペイトナーファクタリング(旧yup先払い)
ペイトナーファクタリングの特徴
  • 審査最短10分。同時に入金も可能
  • 365日24時間即時出金可能
  • 手数料一律10%
  • フリーランスに強い(法人でも利用可能)
  • 来店不要。オンライン完結
  • 新規登録ユーザーは利用可能“上限”金額が15万円

ペイトナーファクタリングは、フリーランス・個人事業主のみ対応していた「yup!先払い」が、2022年1月14日(木)付けで社名変更に伴い、サービス名も「ペイトナーファクタリング」となったファクタリング会社です。

現在は法人も取り扱っており、より幅広く利用できるようになりました。

ペイトナーファクタリングの最大の特徴は審査完了と同時に入金が行われること。平日の正午(12:00)までに申し込みをすれば最短10分で入金が完了します。

手数料も10%固定、あとは入金時の振込手数料250円がかかるだけなので、わかりやすい料金体系となってます。

15万円以下の取引ならスピーディでおすすめ!

labol(ラボル)

labol(ラボル)先払いの特徴
  • 個人事業主・フリーランス可
  • 審査最短60分。
  • 365日24時間即時出金可能
  • 手数料一律10%
  • 各種特典がある
  • 来店不要。オンライン完結
  • 新規登録ユーザーは利用可能“上限”金額が10万円

labol(ラボル)もペイトナーファクタリングと同様フリーランスに強いファクタリングサービスで、審査時間が短く365日24時間即時出金可能手数料も一律10%と安めで固定されており、特にペイトナーファクタリングとサービス内容が似通っています。

ペイトナーファクタリングとの違いは、振込手数料の有無と特典がもらえる点です。

labol(ラボル)では振込手数料がかからず、ファクタリングの手数料のみで利用することができます。

特典について、2022年5月現在では査定完了で「フリーランスの資金調達&売上急上昇マニュアル」を無料で貰う事ができます。

このファクタリング会社も「少額取引」「オンライン完結」「スピード重視」といった条件に当てはまれば非常に高い利便性と言えるでしょう。

\ 10万円以下の取引ならスピーディでおすすめ! /

ファクタリングの種類

ファクタリングと一口に言ってもその種類はさまざま。ニーズに合わせて選ぶことで、より自社に合った資金調達が可能です。

2社間ファクタリング

2社間ファクタリングは、利用者とファクタリング会社だけでやりとりをする方法です。

利用する請求書の発行元である売掛先はファクタリングの契約に関わらないため、売掛先に知られずに資金調達ができるメリットがあります。

3社間ファクタリング

3社間ファクタリングは利用者、ファクタリング会社に加え、売掛先も含めて契約をする方法です。

2社間では売掛先からの入金後にファクタリング会社へ送金をする手続きを行いますが、3社間では売掛先から直接ファクタリング会社へ送金を行います。

そのためファクタリング会社にとっては未回収リスクが減るので、2社間と比べて手数料が低く抑えられていることがメリットとして挙げられます。

注文書ファクタリング

従来のファクタリングは案件終了後、請求書が届いた時点で利用できるサービスです。

それよりももっと早い段階で資金調達ができるのが「注文書ファクタリング」といい、近年取り扱うファクタリング会社も増えてきています。

その名の通り、注文書を買い取ってもらえるため、案件前に現金を手にすることができます。

仕事に必要な物品の購入や人件費などに充てることができるため、「大型案件を受注したいが経費を支払える目処が立たない」といった不安にも応えることができます。

専門ファクタリング

ファクタリングには特定の業種が利用できるものも存在しています。

  • 医療ファクタリング(医療関係者)
  • 家賃ファクタリング(不動産関係者)
  • 建設ファクタリング(建設業者)
  • 商品在庫ファクタリング(小売業者)
  • 国際ファクタリング(輸入業者)

診療報酬を買い取ってもらえる「医療系のファクタリング」や、抱えている在庫を資金化する「商品在庫ファクタリング」など、売掛債権以外にも、特定の業種に合わせたさまざまなファクタリングが用意されています。

ファクタリングのメリット

請求書や注文書を買い取ってもらえるファクタリングは、政府も推進する資金調達の方法です。メリットをまとめました。

融資よりも現金が手元に届くスピードが早い

ファクタリングのメリットは急ぎの資金調達に特化している点です。

各ファクタリング業者の公式サイトを見てみるとわかるのですが、入金スピードの早さを売りにしているところが多いです。

銀行や公的機関の融資では、どうしても審査に時間がかかってしまいます。

申し込みの時も用意する書類が多く、資金調達のハードルは高めです。

ファクタリングは申し込みの際の必要書類が少なく、用意する利用者側も、申し込みから資金調達まで審査するファクタリング業者側もスピード感を持って契約することができます。

取引先に知られずに現金化できる

ファクタリングは基本的に「2社間」「3社間」があることを「ファクタリングの種類」の項目で説明しました。

このうちの「2社間」では取引先に知られることなく利用できるため、信頼を損なうことなく資金調達が可能です。

貸借対照表の見栄えがよくなる

自社に「借入金」がある場合、貸借対照表では「負債」の科目が追加されています。貸借対照表を他で見せる機会があるときに「負債」の部分が大きいと「経営状況があまりよくないのではないか」と思われる可能性も高く、ビジネスチャンスを逃してしまうことに繋がりかねません。

そんなとき、「負債」をきれいにする方法としてファクタリングを利用することもできます。

ファクタリングは貸借対照表上では売掛金→現金になるだけなので、「資産」内での変動となります。

つまり、ファクタリングを利用しても「負債」は大きくならず、むしろファクタリングで資金調達した分で借入金を返済をすれば、イコールとなっている「負債」と「資産」が減っていき、貸借対照表をスリム化することができます。

この方法を「オフバランス」と言います。

未回収リスクを負わなくて済む

ファクタリングは請求書を現金化するための資金調達です。売掛先から入金される前にファクタリングを利用して現金化するため、実際に売掛先から入金があったらファクタリング業者に支払いをする必要があります。

では売掛先からの入金前に、もし相手が倒産してしまったらどうなるのでしょう。

そんなときでも利用者側は責任を追わなくても大丈夫です。

この記事で紹介しているファクタリング業者は「償還請求権なし」の契約となるため、売掛先が倒産してしまった場合は利用者は返済の義務がなく、ファクタリング業者が責任を追うことになっています。

担保・保証人がいらない

ファクタリングを利用する際は基本的に担保も保証人も必要ありません。

銀行や公的機関の融資の場合、審査の対象は申込者となり、申込者の信用度によっては担保や保証人が必要となるケースがあります。

しかし、ファクタリングの審査において基本的には売掛先の信用度を重点にチェックされます。利用者側の財務内容や信用度はあまり重視されないため、担保や保証人は不要となっています。

自分よりも売掛先の信用をチェックしている

ファクタリングの審査において重視されるのは売掛先です。

売掛先が上場企業であったり公的機関であれば貸倒のリスクが低いとみなされ、審査に通りやすくなると言えます。

中小企業においても、財務状況が良かったり、申込者との取引歴が長かったりすると審査においてプラスになります。

ファクタリングのデメリット

ファクタリングは便利な資金調達手段ですが、デメリットもしっかり把握して利用する必要があります。ここではデメリットを3つ挙げました。

請求書の金額以上の資金調達ができない

ファクタリングは請求書の金額の範囲内でしか現金化できません。

もっと細かく言ってしまうと、請求書の金額からファクタリングの利用手数料が引かれるため、請求書の金額よりも低い金額での資金調達となります。

手数料が10%で100万円の請求書をファクタリングする場合、現金化できるのは90万円以下です。

請求書以上の大きな金額を用意したい場合は、ファクタリングではなく融資の選択がベターだといえます。

3社間は手数料が低いが取引先の合意が必要

ファクタリングの利用には手数料がかかります。手数料は「2社間」よりも「3社間」の方が低く設定されていることが多いです。

ただし、3社間はファクタリングの利用において売掛先の合意が必要です。

ファクタリングの利用を知られたくなかったり、利用することで信頼を損ねてしまう恐れがある場合は、3社間ではなく2社間の利用を検討しましょう。

計画的に使わないと資金繰りが悪化する可能性

ファクタリングは融資やビジネスローンなどと比べて簡単に利用することができます。

ファクタリングで資金繰りがなかなか改善されない場合、定期的にファクタリングを利用せざるを得なくなってしまい、さらなる資金繰り悪化のリスクも否めなくなってしまいます。

定期的に利用するようになると、年間で見た手数料はかなり高くなってしまいます。

ファクタリングを利用する際は、資金繰りの計画をしっかりと立てるようにしましょう。

ファクタリングQ&A

ファクタリングを利用する前に気になる疑問点をまとめました。

ファクタリングとビジネスローンの違いは?

ファクタリングとビジネスローンは貸借対照表ではっきりと違いが別れます。

ビジネスローンは「借入」なので、貸借対照表では「負債」に記入することになります。利用すると負債の欄が大きくなってしまいます。

対してファクタリングは「資産」の項目に記入されます。売掛金が現金になる仕組みですので、「資産」の割合が変動するだけです。

今後、銀行からの融資を控えていたり、取引先に貸借対照表を見せる機会があるなど、マイナスの部分をキレイにしたままで資金調達をしたい場合は、ファクタリングのほうが有利となっています。

売掛先が倒産してしまったら…?

請求書の入金前に売掛先が倒産してしまったら、ファクタリングで資金調達した分を業者に支払うことができません。

しかし、実はファクタリングの利用において、売掛先が倒産してしまっても、利用者側が弁済の必要はありません。

ファクタリングの審査では、利用者よりも売掛先の経営状況や信用度を重点に置いています。

つまりファクタリング業者は売掛先の倒産リスクも背負った上で資金調達を提供していることになります。

原則、国内のファクタリング業者は償還請求権なしでファクタリングを提供していますが、まれに償還請求権つきのファクタリング契約(リコース)をする業者もあります。

償還請求権付きの契約は売掛先が倒産してしまったらこちらが責任を追う必要があるということを覚えておきましょう。

ファクタリングは違法ではない?

ファクタリングは違法ではなく、むしろ政府も推進する資金調達の方法です。法的には「債権譲渡契約」といいます。

ただし残念ながらファクタリングを装った違法な業者も一定数いるのが現状です。

次のファクタリングの注意点でもくわしく触れていきます。

ファクタリングの注意点

ファクタリングを利用する前にチェックしておきたい項目を注意点としてまとめました。

契約内容をしっかりと確認する

ファクタリング会社との契約内容はきちんと確認をしましょう。チェックすべきは以下の項目です。

  • 償還請求権がついていないか?
  • 債権譲渡通知はあるか?
  • 債権譲渡登記はされるのか?
  • 手数料はいくらか?
  • ファクタリングの契約期間はいつからいつまでか?

償還請求権がついていれば売掛先からの入金がない場合こちらが責任を追う必要があります。

債権譲渡通知は3社間なら必要ですが、2社間の契約でこの項目が記載されていた場合は売掛先にファクタリングの利用が知られてしまいます。

債権譲渡登記は、債権譲渡を法務局に登記することです。悪意ある申込者が複数のファクタリング業者に売却して多重に資金調達をしないよう、2社間の取引を行うときにファクタリング業者が行うものです。ちなみに法人のみ対象となっています。

他にも、手数料や契約期間が記載されていますので、しっかりと契約書に目を通しましょう。

違法ファクタリングも存在する

違法ファクタリングについては前の項目でも触れましたが、中には正規の業者ではないファクタリングも存在します。特徴は以下の4つです。

  • 融資/貸付を提案してくる
  • 手数料が非常に高い
  • 契約書などの書類手続きが雑
  • 利息を請求してくる
  • 会社情報がおかしい

ちょっとでも「おかしいな?」と思ったら取引は控えるようにしましょう。

ファクタリングは利息を取られることはまずありません。貸金業法に登録していない業者が利息を取ることは違法となります。

必要書類を確認する

ファクタリングを利用する際は公式サイトをよくチェックして、必要書類をしっかりと確認するようにしましょう。

  • 売掛債権(請求書)
  • 本人確認書類

基本的に必要なのは上記2つですが、ファクタリングによっては決算書(2期分)や銀行口座の通帳のコピーが必要になる場合があります。

スムーズに審査を進めるためにもあらかじめ書類は用意しておくことをおすすめします。

おすすめ優良ファクタリング会社比較まとめ

おすすめの優良ファクタリング会社をまとめました。

ファクタリングは便利なサービスです。多くのファクタリング会社がありますので、しっかり比較検討し、必要であれば相見積もりをとるなどして、より自社に合ったサービスを選ぶことがポイントです。

メリット・デメリットを把握した上でファクタリングを利用するようにしましょう。

この記事があなたの参考になれば幸いです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ファクタリング会社での勤務経験を持つライターが、公式HP、直接取材、金融庁、法務省のHP等信頼できる情報ソースを元に、資金調達に強い宮城彩奈行政書士(行政書士さい事務所)の監修を受けた上で分かりやすく執筆しています。

助成金・補助金などの資金調達をご希望の方は行政書士さい事務所へお問い合わせください。

目次